ロードバイクサイトの比較は何を基準に選ぶかで変わった来る。

不況の影響か、自転車で通勤する人間が非常に多くなっている。ところがその多くが、高級なロードバイクに乗っているのだから、本当に不況なの?と思ってしまう。当然のように、インターネット上にはロードバイクサイトの比較が当然のように行われている。雑誌社のモノや自転車を販売しているメーカーなど、かなりの量のサイトが運営されている。問題は、何をそこで見たいかだ。自転車の価格を調べたいのか、レースやイベントの記事が読みたいのか、はたまた休みの日にどこに出かけるのが良いのかなど、その目的によっていろいろだ。価格を調べたいのなら、価格ドットコムなどのようなところから、アマゾンなどの通販サイトなど、こちらも数限りが無いほどある。また、レースの情報なら雑誌社系のサイトで、BNAVIやプロト主催のモノがあり、自転車で出かける旅は数え切れないほどのサイトが存在している。

どのロードバイクサイトを選ぶかはあなた次第という状況で、選ぶことに事欠かない。それだけ自転車がはやっていると言うことだろう。また、雑誌の数も、バイクなんかよりも今は充実していると言え、おおっ区の自転車雑誌が創刊されている。20年ほど前にこんな世の中になるなんて、果たして何人の人が想像していたことだろう。それだけ自転車は健康的で楽しいスポーツだと言えるのだ。ロードバイクに乗って町内を一周するだけでも、色々と新しい世界と出会うことが可能だ。自分の足で歩くよりは遙かに早いが、バイクや車の¥などに比べると、大きく開きがあり、意外とゆっくり周りを見渡すことが出来るからだ。

あれ、こんなところにこんな建物が?とか、ここに建っていた建物が知らないうちに無くなっているとか、こんなお店が出来たんだとか、数多くの発見が出来るはずだ。それが意外と大きな魅力と言えるかも知れない。車やバイクでは見逃していたモノが、ロードバイクならはっきりと確認できると言うことが。車を手放してから、僕もすっかりロードバイクばかりに乗っているのだが、走っていると風と季節を感じることが出来る。この感覚は車には無かったモノだ。車に乗っていて季節を感じることはほぼ皆無で、ロードバイクに乗るようになってから、季節の移り変わりを肌で感じるようになった。この楽しみが、ロードバイク人口を大幅に増やしたのだと思う。で、この楽しさを知ってしまうと、改めて車に乗るのが嫌になると言えるのだ。良いロードバイクサイトの比較を行って、より一層ロードバイク人生を楽しみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*